国際ロータリー第2550地区栃木第9グループ 佐野ロータリークラブ

第2756回/2019年1月7日

週報公開日:
文字サイズを変更する
週報を印刷する

会長挨拶

皆さん、こんばんは。改めまして、あけましておめでとうございます。例年よりも少し長い年末年始を過ごされた方がほとんどだと思いますが、このお正月、皆さんいかがだったでしょうか。晴天に恵まれて、穏やかなお正月だったと思います。私共も、長女と3女の夫婦が暮れから3が日までおりまして、その後旦那衆はそれぞれ帰ったのですが、残った娘達と久々の温泉旅行に行って参りました。この一週間、ほとんど飲み食いに明け暮れたものですから、体重も以前に戻ってしまいました。今日を限りに、また緊張感を持って後半のクラブ運営に専心努力して参りたいと思いますので、皆々様の益々のご協力、ご支援をお願い申し上げ、簡単ではありますが会長挨拶に変えます。どうぞ、よろしくお願い致します。

来訪者

  • 米山記念奨学生 張 晰然さん

新年会

新年会挨拶

皆さん、新年会、大勢の皆さんにご参加頂きありがとうございます。また、設営頂いた親睦委員会の皆さん、ありがとうございました。

さて、今年の干支は「己亥年」(つちのとい)という事で、前年度が「戊戌年」(つちのえいぬ)で、こまかく分化繁栄した状態を指すのに対し、己(つちのと)にはそれを統制する意味があり、「亥」には生命の力が綴じた、あるいは綴った状態を表すということで、「己亥年」(つちのとい)は今の繁栄している状態を維持し守りに徹した方が良い年とされているようです。また、無病息災の意味もある年だそうです。何かと成長のチャンスがあるかもしれません。皆様の大願成就を祈念したいと思います。

また、今年は、皇室の皇位継承の一大イベントが控えています。昭64年1月6日、30年前の話ですが、まだこのころは景気が良く、私共の会社も慰安旅行で鬼怒川と会津の間、福島県の芦の牧温泉に一泊していました。翌日1月7日早朝、テレビの報道で昭和天皇の崩御を知り、どこにもよらずに帰ってきたのを思い出します。それから約30年、2度目の皇位継承の行事を垣間見る事は、この後無いだろうと思い、しっかり一つ一つの行事を心に刻んでいきたいと思ってます。また、佐野クラブもいろいろな事業がまだ沢山残っておりますので、皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げ、新年会の挨拶と致します。ありがとうございました。

会長 蛭川 寿彦

出席状況

例会会員数出席数欠席数出席義務
猶予者
義務猶予者
出席数
メーク出席率
本 日
[1月7日]
5757000100.00%
前 回
[12月17日]
5757000100.00%
前々回
[12月10日]
57421615982.40%